読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読み、映画を観る。

読書記録と映画鑑賞記録、時々コミックとドラマの感想を書き綴っていきます。

「あくまで・・・ 執事ですから」キリッ

こんにちは。

よいお天気ですねぇぇ。

天気がいいと私は活動的になります。

が、本日は心地よすぎて窓際のソファにノートパソコンを持ってきてパチパチと文字をタイピングしております。

 

悪魔で、執事ですから。

そう、声に出して言っちゃうとわかんないんですけどね。

セバスチャンのブラックユーモア感じる、このセリフが好きです。

 

黒執事(23) (Gファンタジーコミックス)
 

待ちに待っていた「黒執事」23巻が届きました。

 

前回ようやく終ったサリヴァンの話から、新しい章へと突入しましたね。

 

黒執事は主人公の暗い暗~い過去と、主人公の現在の多少コミカルさも感じられるブラックなコミックスです。

イラストは女子ウケが良さそうなイケメンがたくさん出てきます。

悪魔に死神、さてどのイケメンがお好み?

 

 

やはり私はセバスチャンですかね。

イケナイ魅力に人は惹きつけられる宿命なんでしょうね。

 

アニメ版も全て観てしまいましたが、こちらはアンハッピーエンドでシエルが魂を取られて終りました。

コミック版がどうなるのか気になりますが、復讐を果たしたらシエルは死ぬわけで・・・。

結局フィアンセのリジーを泣かせることになるんですよね・・・。

そのへんはどうするのかな~なんて思っています。

 

 コミックも何でも読みます。

たまにレンタルコミックを利用しています。

黒執事との出会いは 、「何か新しいもの読みたいな~」と思っていた時にランキング上位の本の中から何気に手に取った1冊でした。

まず5冊借りて。

 

面白すぎて。

全部借りて。

もう1回読みたくなって、結局買ってしまいました!

 

ふふっ。

残念ながら電子コミックではないので、紙のコミックをそろえています。

私が唯一持っている紙のコミックなんですよ。

 

少年誌が好き

女子(アラサー)はどちらかに分かれますね。

少女マンガか、少年マンガか。

私は昔から少年誌でした。

背景の描き込み具合も、少年マンガのほうがしっかりしていますよね。

少女マンガってやたら背景が白い、あるいはトーンでごまかし。

1つのキスシーンに何ページも使うし。

 

まさかこんな女子っぽいイラストのコミックにはまるとは(笑)。

あっという間に読み終えちゃって・・・

楽しみがなくなってしまいました(><)

またサリヴァン編あたりを読み直してみようかな??

 

 

 こんな万能な執事なら、魂食われてもいい?