本を読み、映画を観る。

読書記録と映画鑑賞記録、時々コミックとドラマの感想を書き綴っていきます。

ステキなホビットとまた旅がしたくなったよ

こんにちは、さとありです。

少し前にホビット3部作を全て観終えました。

あ、あと3部作…といえば、MIBやボーンシリーズも観ました。

続けてみるとまた違った面白さがありますね。

 

ロードオブザリングの、その前の話が「ホビット」です。

作品が出来たのはこちらが後ですが。

ロードオブザ・・・のフロド君のおじさんの若い頃の冒険譚です。

 

 

 

 ちなみに。フロド役のイライジャ・ウッドは「パラサイト」に出てました。

こちらも面白かった。

パラサイト [DVD]

パラサイト [DVD]

 

 

ドワーフホビット、エルフ、人間。

この4者は仲良くはありません。特にドワーフとエルフは犬猿の仲です。人種差別的な表現がありますが、これはこういうことが実際に地球上で行われているんだという比ゆでもあると思います。

 

どんなに否定したって、差別はなくならない。

でもなくしていかなきゃいけない。

それを代わりに演じているのが、ホビットに出てくるドワーフやエルフなんです。

 

子どもでも分かります。

仲良く手を取り合って。でもそれは言葉で言うほど簡単ではなく難しい。

 

共通の敵が出来ることで、敵だと思っていた人が仲間になるのは、ちょっとあるある。

結局は「好きなものが一緒」より「嫌いなものが一緒」なほうが意気投合するもんですね。

 

ホビットホビットなりに自分を変えていこうと考える。

無力だけど、自分に出来る範囲のことを分かっているあたりが無謀ではなく堅実ですね。

 

ロミオとジュリエットのようなエルフとドワーフの恋もそこに絡み合い…。

 

自分が正しいと思うのなら、何を犠牲にしてもいいのだろうか。

そうではないよね。

色々な考えがあって、価値観も違う。

同じ人間だけだとしてもそううまくはいかんよね。

 

それはもうケンシロウ並みに遅い。(だいたい到着したらすでに誰か死んでいる)

 

でも、過去にあった戦のおかげで・・・

現在が少しだけ平和なのかも。

それは今の日本もそうだけど。

 

ドワーフもエルフも・・・ もう!!

この中でカテゴライズするなら、日本人は一番ホビットに近い気がします。

ドワーフもエルフも勝手なことばっか言って。もう!!と思ってしまいます。

「どうして仲良く出来ないの?同じ生き物なのに?」

他者を認めることって、自分を認めることからスタートするべきなのかも知れない。

 

 

3部作、合計10時間ほど。

観終わった時は、ロードオブザリングのエンディングのような、ほんのりと暖かな気持ちになるのを感じました。

またホビットに会いたいな… と思っている人に観ていただきたい作品です。

 

 

 

 

 

ゾンビ映画だけど、そんなに怖くないしむしろ何コレ感満載

こんにちは、さとありです。

先日、レビューの良かったゾンビ映画を観ました。

昔はレンタルと言えば、お店にいかなきゃいけなかったし、パッケージに何度騙されたか… 時間の無駄な作品を観るのも勉強にはなりますけどね。

 

ちなみに私はB級大好きです。

 

Dead or Love?

殺すか殺されるか。

そんな極限状態で見つけた彼女にゾンビ青年が一目ぼれ・・・。。

 

ウォーム・ボディーズBlu-ray
 

 

しかし脳みそを食べたい誘惑に駆られ、目の前に居た人間を食べてしまう。

それは好きになった彼女の恋人だった。

 

主人公のゾンビR君は、何故か微妙に人間的思考も残っているゾンビ。

 

彼女の恋人の脳みそを食べて…

彼女のことを知るうちにどんどん惹かれていく…

 

「大丈夫、君のことは食べないから」

 

ゾンビになった人も人間に戻れるんですか?

 

恋をしたR君。

少しずつ人間へと近づいていく。

 

青白く不気味だった外見も、少しずつ血色が良くなってイケメンに。

最終的に心臓が脈打ち、人間らしさを取り戻していく。

 

 

ゾンビ VS ガイコツ

 

この映画は、突っ込みどころ満載でした。

ただ単純にゾンビ VS 人間ではなくて、もうひとつ異形のものがいてそれが「ガイコツ」。

なんかもっとカッコイイ名前ないんかい(笑)

 

人間 VS ゾンビ&ガイコツ だった構図から、ゾンビ&人間 VS ガイコツになり、ややこしい人間関係全てぶっ飛ばしてエンディングへ…。

 

小の娘と一緒に観てましたが(怖い映画平気な子)、「面白かった!また観たい!!」とのことです。

 

ウォーキングデッドも3話ほど観ましたが、あれは怖くて観るの止めました。

全くブログの更新してませんが、毎週1本くらいのペースで映画は観てます~・・・。。

本もたくさん読んでるのに… せめて記録くらいしよう。

佐々木蔵之介フェアー中で観た映画①

こんにちは、さとありです。

 

あれ?

月日は流れ・・・

放置しすぎやろ!!と自分でもつっこみたくなりました。

言い訳すると・・・

 夏休み 忙しすぎて 40日あっという間(字あまり)

 

佐々木蔵之助とドランクドラゴン塚地武雅主演の「間宮兄弟」を昨夜観ました。

 

 

佐々木さんは脇役で人気出てきましたが、私は今から16年ほど前のドラマで知って素敵な俳優さんだなぁと思っていました。

 

原作 江國香織

実はこんな有名な作家さんなのに、本好きな私は一冊も読んでいません。

あんまり似ていない30代の同居する兄弟の、普通の日々を描いた映画です。

 

10年前の映画だけど、古さは感じず

2006年の映画ということで今から10年前。

ガラケー(二つ折り)の小さな画面が印象的でした。

 

常盤貴子さん、沢尻エリカちゃん、北川景子ちゃんなどが出てます。

景子ちゃんもエリカちゃんも若くって可愛い(笑)

常盤さんって結構色気あるボディですね。

エリカ&景子姉妹なんて、美人さん姉妹だなぁぁ。

 

エリカちゃんの「断る!」が可愛いってツボる。

 

外見は似てないんだけど、兄弟ってこんなんだよね。

似てる部分と似てない部分があって、お互い支えあって。

同性兄弟のいない私はちょっぴり憧れます。

おかーさんを大切にしてたり。

羨ましいよ、おかーさん。

 

ごく普通のことって、映画の世界では普通じゃなかったり

普通の仕事に就いているごく普通の間宮兄弟

共通の趣味はビデオ鑑賞で、夜な夜な二人でソファに座って観る。

ポップコーン食べながら。

 

 

女性とお近づきになるためにホームパーティを開くけど、なんかうまくいかない。

だってオンナ慣れしてないもん。

平凡な波のない人生。

描き方がなんともいえなくって。

 

 

そのエンディングの「終わり」は終わりじゃなくて、間宮兄弟は映画のあともずっと同じように生きていくんだろうな~と余韻を感じました。

 

ほのぼのとして、でもなんかクスッと笑いのある。

そんな映画でした。

 

江國香織さんの原作も読んでみようかなと思います。

 

間宮兄弟 (小学館文庫)

間宮兄弟 (小学館文庫)

 

 

 

 

 

 

「あくまで・・・ 執事ですから」キリッ

こんにちは。

よいお天気ですねぇぇ。

天気がいいと私は活動的になります。

が、本日は心地よすぎて窓際のソファにノートパソコンを持ってきてパチパチと文字をタイピングしております。

 

悪魔で、執事ですから。

そう、声に出して言っちゃうとわかんないんですけどね。

セバスチャンのブラックユーモア感じる、このセリフが好きです。

 

黒執事(23) (Gファンタジーコミックス)
 

待ちに待っていた「黒執事」23巻が届きました。

 

前回ようやく終ったサリヴァンの話から、新しい章へと突入しましたね。

 

黒執事は主人公の暗い暗~い過去と、主人公の現在の多少コミカルさも感じられるブラックなコミックスです。

イラストは女子ウケが良さそうなイケメンがたくさん出てきます。

悪魔に死神、さてどのイケメンがお好み?

 

 

やはり私はセバスチャンですかね。

イケナイ魅力に人は惹きつけられる宿命なんでしょうね。

 

アニメ版も全て観てしまいましたが、こちらはアンハッピーエンドでシエルが魂を取られて終りました。

コミック版がどうなるのか気になりますが、復讐を果たしたらシエルは死ぬわけで・・・。

結局フィアンセのリジーを泣かせることになるんですよね・・・。

そのへんはどうするのかな~なんて思っています。

 

 コミックも何でも読みます。

たまにレンタルコミックを利用しています。

黒執事との出会いは 、「何か新しいもの読みたいな~」と思っていた時にランキング上位の本の中から何気に手に取った1冊でした。

まず5冊借りて。

 

面白すぎて。

全部借りて。

もう1回読みたくなって、結局買ってしまいました!

 

ふふっ。

残念ながら電子コミックではないので、紙のコミックをそろえています。

私が唯一持っている紙のコミックなんですよ。

 

少年誌が好き

女子(アラサー)はどちらかに分かれますね。

少女マンガか、少年マンガか。

私は昔から少年誌でした。

背景の描き込み具合も、少年マンガのほうがしっかりしていますよね。

少女マンガってやたら背景が白い、あるいはトーンでごまかし。

1つのキスシーンに何ページも使うし。

 

まさかこんな女子っぽいイラストのコミックにはまるとは(笑)。

あっという間に読み終えちゃって・・・

楽しみがなくなってしまいました(><)

またサリヴァン編あたりを読み直してみようかな??

 

 

 こんな万能な執事なら、魂食われてもいい?

 

 

殺し屋と家族を殺された少女の・・・年の差の恋の結末は?

お題「何回も見た映画」

 

こんにちは、今日は「お題スロット」で記事を書いてみたいと思います。

 

 

何回も観たくなる映画ってそれほど多くはありません。

あのセリフをもう一度聴きたい・・・。

あのシーンをもう一度観たい・・・。

 

 

レオン 完全版 [DVD]

レオン 完全版 [DVD]

 

 

と、言えば間違いなく思い浮かぶのがこの「レオン」。

年の差のある二人のいびつな関係。

親子じゃない、友達じゃない、恋人でもない。

 

 

殺し屋で根無し草だったレオンが出会った傷ついたマチルダ。

結末はアンハッピーなのか、ハッピーなのか。

根無し草だったレオンに、帰る場所が出来た時。

 

 

ジャンル分けするとしたら、私はこれは「ラブストーリー」だと思います。

まさにつり橋状態でマチルダとレオンは恋に落ちた。

観終わった後に、ほんのちょっとだけ心が温かくなるような・・・。

 

こういう雰囲気のエンディングは、私は嫌いじゃないんですよね。

 

マチルダ演じるナタリー・ポートマンはこのレオンのイメージが強いんですが、キレイな女性になりましたね~。

 

 この怪しくも美しい女性が、マチルダを演じてたなんて♪

ブラック・スワンも雰囲気は好きです。

 

 

ナタリー・ポートマンに似ているキーラ・ナイトレイのほうが先に売れちゃいましたけどね。

アメイジングかどうかは分からない、でも純粋に映画を楽しみたい時間に。

子どもも知っているスパイダーマン

先日、アメイジングスパイダーマン1,2を続けて観ました。

 

 

 子どもはあのくもの糸をピュピュッと出す動作をみんな真似しますよね~。

前作スパイダーマンの時は甥っこ(当時5歳くらい)が、棚の上に登ってスパイダーポーズを決めていたのを思い出します。

 

それから年月が経ち、新生スパイダーマンはくもの糸は腕につけた機械から出してます。

無限に出てくるし、車を吊り上げる強度あるってどんなだい。と突っ込みたくもなりますが、それはアメコミですから置いておいて。

 

一番恐ろしいのは人間だという事実。

ホラー映画なんかを観るといつも思うのですが(スパイダーマンはホラーじゃないけど)

一番怖いのって人間です。

ユーレイなんかとは違って、実体があるし人を傷つける。

知性もあるからやっかいだ。

追い詰められて、選んではいけない道を選んでしまう。

追い詰められると動物もそうですが、予想外のリアクションを取ることも。

 

 「弱さ」を認めること

生きていくうえで、自分の「弱さ」を認めてしまえば、どんなに生きやすいか。

でも男であることってなかなか認められないのかも知れませんね。

自分が完璧じゃないことから、完全な強さを欲しがる。(1のトカゲ男)

誰にも認められなかった自分が、認められる方法を模索している。(2の電気男)

 ありのまま生きればいいよと人が言ったとしても、一番ありのまま生きれなくしているのは結局は自分だってことですね。

 

 

 

エンディングは結構衝撃的でした。

ヒーローは万能ではない。

そう、ケンシロウ(北斗のね)の到着がいつも遅すぎることとか。

 

 

 

そして含みを持たせたまま終らせたくせに・・・ 3がないなんて!!

嫌がらせ??

大人の事情ってのがやらしいですねぇ。

 

 

娯楽映画としてはたっぷり楽しめました。

 

 

 

★余談ですが。

さとありの住んでいるのはかなり田舎のため、レンタルショップがかなり遠いんです(^^;

以前はツタヤのオンラインレンタルを利用していましたが、借りたいDVDがなかなか借りられません。

 

そこで知ったのが、オンライン有料動画サービスです。

 

私はここ1年くらいはずっとdTVで映画は視聴しています。

31日間無料おためしで加入してからずっとお世話になっています。

ちなみに月額は540円なので、有料動画サービスの中では安いほうではないでしょうか。

 

アメイジングスパイダーマン、前作のスパイダーマンは無料で視聴することができます^^

アメイジングスパイダーマン2だけは有料で324円で視聴しました。

レンタルショップに往復30分かけて、乳児を連れて行く大変さを考えたら324円は安いもんです。

 

はじめましての自己紹介

本を読むこと、映画を観ること。

 

はじめまして、読書家のさとありです。

小さい頃から本が好きで、映画が好きでした。

両親の影響もあるのですが、とにかくひたすら本を読む、映画を観る。

本は特に寝る間も惜しんで読んでいましたね。

そんな私の人生に欠かせない本と映画。

若い頃はタイトルを言われたら即座にストーリーや登場人物の説明が出来たというのに。

それが出来なくなってきました。

 

「私」という人間の記録のためのブログ

このブログはそんな忘れっぽくなってしまった自分自身の記録のために作りました。

独断と偏見による感想もしっかり書き綴って、どこかの誰かの何かの参考にして頂けるなら幸いです。

本も映画もオールジャンル、好き嫌いせずまんべんなく手を出します(笑)